未来にふみ出す学びを 子どもたちへ

お知らせ・活動レポート

【活動レポート】第4回ハイブリッド・ファシリテーション授業研究会イベントを開催しました!

2022年02月28日 更新

第4回ハイブリッドファシリテーション授業研究会

 

みなさんこんにちは!
スタッフの瀬倉です!

2022年2月19日(土)、ハイブリッド・ファシリテーション授業研究会 第4回目のイベント「ロイロノートで協働できる?〜学活の協働の姿を考える〜」を開催しました!

みらいずworksが運営事務局を務める「ハイブリッド・ファシリテーション」ですが、早くも4回目のイベントとなりました!

●『ハイブリッド・ファシリテーション授業研究会』とは

前身である「ファシリテーション授業研究会」から【ファシリテーションのスキルとマインド】を受け継いだコミュニティーです。

昨年度から活動している『ハイブリッド・ファシリテーション授業研究会』は、【ファシリテーションのスキルとマインド】に【新たに導入されたICT環境】を混ぜ合わせることで、子どもを中心とした授業づくりについて学び、実践するコミュニティーです。

学校の先生方が中心となって企画・運営をしていますが、みらいずworksも当コミュニティーの企画、事務局業務に携わっています。

●今回のイベントの内容

2022年2月19日(土)に開催した今回のイベントのテーマは【ロイロノートで協働できる?】でした。

今回は、菊地清勝さん(五泉市立五泉中学校 教諭)がスピーカーを務め、ロイロノートの〈共有ノート〉の使い方を体験してみました。

短い広報期間にもかかわらず、16名もの方にお申し込みをいただき、当日を迎えることができました!

●やってみて

私も初めてロイロノートで共同編集をしてみましたが、Google Jamboardのような感覚でロイロノートで共同編集している様子が印象的でした。

みらいずworksではロイロノートを使う場面はあまりありませんが、学校現場でどのように活用されているかというお話も含め、大変勉強になりました!

●まとめ

ハイブリッドファシリテーション授業研究会では今後もイベントを開催する予定です!
みなさま是非ご参加ください!

※イベント中に記念写真を取り忘れてしまったため、イベントの様子の写真がありません…。文字だけのレポートご容赦ください。