未来にふみ出す学びを 子どもたちへ

お知らせ・活動レポート

【みらいzoom26】2019年の総まとめ〜GOOD&NEW〜

2019年12月27日 更新

みらいずworksの小見まいこです。

今年一年、大変お世話になりまして、ありがとうございます。

 

みなさんにとって今年一年はどんな一年でしたか?

私の2019年を1字で表すならば、「翔」です。

今年は、文部科学省のコミュニティ・スクール推進員CSマイスター、文科省「学校と地域の新たな協働体制の構築のための実証研究」のコンサルタントとして、全国各地を駆け巡りました。みらいずworks始まって以来の大移動でした。地域の事情に寄り添い、出会いと学びをたくさんいただきました。

また、プライベートで1ヶ月ほど、オーストラリアに滞在し、オーストラリアの生活や風土、教育事情にも触れてきました。(折を見て報告しようと思いつつも、戻って来てからのバタバタで気を逃してしまいました…)

リフレッシュに行ったつもりが、結局、大学院の勉強をしたり、日本人学校の補修校でボランティアや授業をしたり、現地の小学校を見学したり、結局駆け回ってしまう自分。動いていたい質(たち)なんだなと痛感しました。

皆さんは、どんな学びを深めた一年でしたでしょうか。 

 

さて、毎年恒例となりました年間GOOD&NEWベスト5です。

たくさんの方と実り多い取り組みや挑戦をさせていただいた2019年ですが、とくに心に残った「GOOD&NEWベスト5」をご紹介させていただきます!

 

————

BEST1:佐渡市のキャリア教育が文部科学大臣表彰を受賞

2013年から、佐渡市教育委員と郷土愛を軸にしたキャリア教育を推進してきた取り組みが、今年度のキャリア教育に関する文部科学大臣賞を受賞しました。佐渡中等教育学校さんとダブル受賞です!

佐渡市では、保育園・幼稚園~小学校~中学校~高校を貫くキャリア教育のグランドデザインを作成し、連続した取り組みを進めてきました。特に中学校では、2015年から「課題解決型職場体験」をスタート。事業所からのミッションの解決に向け、主体的に職場体験に取り組み、地域との深い繋がりと学びをつくりだしています。今年度で、島内すべての中学校での実施に広がりました。

ともに新たな仕組みづくりにチャレンジをさせていただき、多くを学ばせていただきました!引き続き、佐渡のキャリア教育が更に深化・進化していけるよう支援させていただきます。

▶文部科学省HPでの紹介ページ :

  http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/12/1423062.htm

▶︎佐渡市教育委員会と作成した、小学生向けキャリア教育の教材「みらいずノート」:

 https://miraisworks.com/publications/

————

BEST2:探究学習に関する大規模調査を実施

今年度より試行がスタートした「総合的な探究の時間」を各学校で推進するために、トヨタ財団のしらべる助成をいただき探究学習に関する調査を実施しました。

新潟県内で探究学習を実施する高校の教員約250名と高校生約900名に対し、探究学習に関するアンケート調査を実施。探究学習を実施する上で、どこが壁になっているのか、どこに手を打つと変わっていくのか、調査結果をもとに考察し、年明けより報告書にまとめる作業を進めます。

報告会を開催しますので、ぜひご参加ください。

▶報告会のチラシ:

https://www.dropbox.com/s/3dmdwro8jz2sxb0/%E5%A0%B1%E5%91%8A%E4%BC%9A%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.pdf?dl=0

————

BEST3:業務提携で地域魅力化サポート事業をスタート

2019年は5校の高校の「総合的な探究の時間」のカリキュラム開発や授業運営に関わりました。さらに推進していこうと岐阜県飛騨市に本拠地のある株式会社Edoと初の業務提携をいたしました。

2020年より「地域魅力化サポート事業」として、子どもたちの個別最適な学びの受け皿となるコンソーシアムの設立支援をはじめ、県内外の高校&地域の関係性を深め、学びを生み出すお手伝いをして参ります。志を同じくするEdoさんと共に、パワーアップし、変化を楽しみながら、新しい価値を生み出していきます!

———— 

BEST4:全国での仕事が急増!新潟の実践を各地へ

今年は、小見も角野も、全国あちこちから講師として呼んでいただきました。秋田、岩手、宮城、群馬、長野、栃木、静岡、埼玉、東京、岡山に訪問。年明けには、宮崎県にも再びお邪魔する予定です。

テーマは、①ファシリテーション授業やファシリテーター養成、②地域と学校の協働、③課題解決型職場体験の3つが占めました。2020年も「子ども・若者」が希望を持てる社会をつくるべく、新潟の取り組みを全国で発信・普及して参ります!

———— 

BEST5:NECの若手社員と経営課題の解決に取り組む

NPO法人ETIC.さんの「プロボノによる社会起業家サポートプロジェクト」に手を挙げ、9月から2020年1月までの4ヶ月間「NEC社会起業家共創プロジェクト」がスタート。NEC若手社員チームの皆さまにプロボノとして、みらいずworksの経営課題にフルコミットしていただいています。

4ヶ月間、毎週ZOOMミーティングを重ねながら、みらいずworksとして、どんな社会や状態を実現したいのか、そのためにはどこに手を打っていくのかなど事業ストーリーを練り上げました。

大企業の皆さんと小さなNPOがこのような機会をいただき、一緒に社会課題の解決に挑めていることにただただ感謝です。たくさんの力をいただいています。

————

 

2020年も、引き続き教育改革や探究活動の普及に向けて、

着実に取り組んでまいります!!

引き続きご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

それでは、みなさま、よい年をお迎えください(^^)