未来にふみ出す学びを 子どもたちへ

角野仁美(かくのひとみ)

1994年生まれ。岐阜県立可児高等学校卒、新潟大学教育学部社会教育専攻卒。

高校時代、自らの志を確立するキャリア教育の機会に恵まれる。

「子どもを取り巻く環境を良くしていくことで、社会に恩返しをしたい」と志した高校3年生の夏にみらいずworksと出会い、新潟への進学を決意。大学4年間、みらいずworksでインターンや学生スタッフとして活動しながら、地元の岐阜県可児市の地域課題解決型キャリア教育の企画・運営に携わる。

より多様な人々と一緒に「自分から、自分らしく、みんなとともに、社会をつくる人を育む」ために、日々修行中。

座右の銘

やらなかった後悔より、やった後悔。