未来にふみ出す学びを 子どもたちへ

地域課題解決型キャリア教育プログラム

対象

中学校3年生、高校2年生

こんな先生にオススメ

・地域学習やふるさと学習をしているけれど、動機付けが今一歩高められない

・地域学習をしたいけれど、誰とどうつながって良いかわからない

・ポスター発表で終わっていて、地域貢献活動や郷土愛の醸成まで結び付けられていない

参考

プログラムの流れ

1. 地域の良さと課題さがし

地域の現状について分析し、地域に対する視野を広げるとともに、地域へのビジョンや課題に対して、当事者意識を持たせます。

 

2. 地域の魅力発信の現場を体験

地元の素材を活かして魅力を発信する関係者の現場から、課題や魅力について調査をすることで、課題解決の考え方や企画づくり・発信の仕方について学びます。

 

3. 課題共有と企画づくり

課題に対して、アイデアを発想したり、付加価値をつけたりするアイデア法について学び、グループごとにアイデアや企画テーマを練り上げます。

 

4. 地域への提案をまとめる

企画をまとめ、企画書や発表原稿をつくります

 

生徒が作成した企画書

5. 地域に提案

企画書を役所や関係者に向けて発表し、評価してもらうことで、地域への貢献意欲や自己効力感の醸成へつなげます。

 

関連リンク・ファイル

※プログラムは一例です。ご要望によって、変更いたします。