みらいずBOOK

中高生のみんなからの声

その人が歩んできた道のりがわかっていい。
同じ出身校や近くの学校だと嬉しいし、目標にもなると思いました。
(中学1年生)

みらいずQuestionでさらに深く仕事を考えられたので、今の自分を整理できました。
(中学1年生)

中高生の目線に合わせた面白いコーナーなど、私たちの考えや思いを載せてほしい。  
(高校1年生)

新潟という身近な所で働いている人の話を聞ける、見れるのがすごくいい。
紹介されている会社が意外と身近にあってびっくりした!
(高校1年生)

仕事というと、まだまだ先だと思っていたけれど、
中学や高校の経験や出来事が仕事とつながっていると知りおどろいた。
部活動、勉強をもう少し頑張ろうと思わせてくれた。
(高校1年生)

保護者の皆さまからの声

パラパラと見ていたら知っている会社の名前があり、びっくりしました。  
高校1年生の息子が入学早々に、進路決定で迷っていたので、  
職業人の学歴がのっているのは参考になると思います。

新潟にしぼって載せているのも、親としては良いなと思うポイントです。  
何でもかんでも関東じゃないよって伝えたいです。

デザイン、内容ともにとても良いです。保護者としては、掲載されたような  
輝いている人に会えるというリアル版企画に子どもたちを参加させたいです。

教職員の皆さまへ

生徒に配布し、すべてのページを読ませました。  
新潟にもこんな企業があるのか、素敵な大人がいるんだねと驚いていました。  
(中学校)

生徒は、みらいずBOOKの「○○中学校版」をつくりたいと意気込んでいる。  
今年度の学習のまとめとしてつくる予定になっています。  
(中学校)

みらいずBOOKは、ワークシートが売りだと思う。  
仕事を紹介してある冊子はいくらでもあるが、  
それを自分に引き寄せて考えられるのが良いところ。  
(中学校)

高校生は大学に興味があるので、  
大学名が載っていることで興味を持つ生徒も多いようです。  
(高等学校)

県外の情報誌だと「どうせ新潟ではできない」、「無理」と思ってしまいがち。  
レベルの高い大学での学びを活かせる職場が、  新潟にもあるということを知らせるよい媒体ですね。  
(高等学校)

職業講話の前に読ませました。菊水酒造さんの原稿などは、  
教師である自分が呼んでも面白かったです。  
(高等学校)

学校と企業や社会をつなぐ媒体としてとても価値があると思います。  
(高等学校)

力の入った創刊号ですね。素晴らしいできです。
新潟県教委も郷土愛を軸としたキャリア教育を始めるようです。
地元を大切にしながら誇りを持って生きる若者の姿は美しいですね。
創刊号を学級活動などでうまく生かせたらと考えています。
(50代、男性)

 

今回の冊子は、自分探しをするための指針として、よい“人間模様”が描かれていますね。
やっぱり、大切なのは“ひとの生き様に触れる”ことですね。
(40代、男性)

企業の皆さまへ

社員のモチベーションアップにつながった。  
登場した社員も自分の考えや経験を語り、  
それに反応してもらえるのはとても嬉しいことだと思ういます。

この取組みを通して、改めて教育へ問題意識を持つことができた。  
人の意識を変えることは難しい。だけど、環境は変えていける。  
子どもを取り巻く環境を変えていく、この取組みに今後も期待しています。

リアル版みらいずBOOKに登場した社員が一皮むけたと感じている。  
こうやって若い子どもたちの前で話せるのは、社員にとって刺激や励みになっています。

新潟には、米百俵の精神がある。  
まさにこの取組みはそれを表していると感じました。  
応援していきたいです。

  • 中高生のみんなへ
  • 保護者の皆さまへ
  • 教職員の皆さまへ
  • 企業の皆さまへ
  • リアル版みらいずBook
  • みらいずBook
  • パートナー企業や個人のご寄付を募集しております!
  • みらいずWORKS