みらいずBOOK

みらいずBOOKは、にいがたで働く大人と出会い、自分らしい"みらい"をみつける中高生向けキャリア教育マガジンです

キャラクター紹介

ミチル

ミチル

人間でいうと15歳。いつも元気で、気になったことはなんでも聞いちゃう知りたがりなお年頃。
常に持っているお気に入りのバックには、取材道具と大好きなお菓子が入ってる。
最近は「勉強が何の役に立つのか」「オトナはどんな思いで働いているのか」ということが気になるみたい。

ヤリガイ

普段はなかなか出てこないが、「この仕事をやっていて良かったなと感じた瞬間」に現れる貝。

カチカン

「働いている時に大事にしていること」が詰まった缶。仕事でたくさんの経験をするほど、どんどん中身が詰まっていく。

みらいずBOOK概要

3号
平成29年3月22日発行
発行人:小見まいこ
発行:特定非営利活動法人 みらいずworks
発行部数:3万5000部
配布対象:新潟市、新発田市、三条市、燕市、弥彦村、長岡市、阿賀町の中学校1年生、高校1年生、学校を通じ無料配布
仕様:B5版 32ページ
その他設置

みらいずBOOK発刊への想い

私が中学生のときは、中学校の社会科の先生になることが夢でした。
高校生のときは、公民館で働く社会教育主事になりたく、
大学生になってからは、新潟の今を伝える印刷やマスコミの仕事・・・。
夢はどんどん変化していきました。

それは、たくさんの素敵な大人と出会うにつれて、
「こんな面白い仕事があったんだ」「新潟を元気にする仕事ができたらいいな」
と、自分の視野がどんどん広がっていったからです。

一人ひとりの可能性が広がる瞬間やキッカケを
進路や将来のことで悩んだり、不安に思っている中高生に届けられたらいいな。
身近な家族や先生、周りの大人以外にも、
たくさんの生き方、働き方があることを知ってもらえたらな。

そんな想いから、みらいずBOOKをつくっています。
第2号では、17人の大人の生き方や働き方を通して、
わくわくする新しい働き方や
これからの新潟をつくる面白さについて伝えています。

新潟にもひたむきに頑張っている大人がいたんだ。
新潟って面白そうなことやってるんじゃん。
と新潟を見る目がちょっぴり変わってくれたら嬉しいです。
ページをめくれば、
あなたの心にキラリと残る何かが、きっと見つかると思います。

みらいずworks 代表
小見まいこ

みらいずworksとは

「自分から 自分らしく みんなとともに 社会をつくるひとを育てる」
をミッションに掲げる教育支援NPOです。
キャリア教育の質の向上、授業改革・学校改革支援、子ども・若者を核とした地域の共創という3つの事業を中心に活動しています。
教育支援を通して、子ども・若者が希望を持てる地域社会をつくります。

特定非営利活動法人 みらいずworks
〒950-2044 新潟県新潟市西区坂井砂山2-18-2
TEL&FAX:025-211-8383
http://miraisworks.com

  • 中高生のみんなへ
  • 保護者の皆さまへ
  • 教職員の皆さまへ
  • 企業の皆さまへ
  • リアル版みらいずBook
  • みらいずBook
  • パートナー企業や個人のご寄付を募集しております!
  • みらいずWORKS